有限会社 雄覇

小松 芳昭

このお手紙は、小松 芳昭さんに哀悼の意を込めて綴らせて頂きます。
兄弟の契りを交わした関係上、以後、文面では 『芳昭』 と呼ばせて頂きます。

拝啓
芳昭 元気にしてますか?身体を労わっていますか?
自分も身体に気を付けて 何とか頑張ってます。
芳昭の声を最後に聞いたのは11月1日でしたね。もう8日間も声を聞いてないよ。
ぽっかりと心に穴が開いてしまいどうしたらこの穴を塞ぐ事が出来るのかもがいています。
でも、頑張るしかないよな・・・

芳昭との出会いはH23年11月、仕事の取引で知り合い、お互いに顔を合わせることなく
翌年1月の福島の現場から始まり、京丹後のメガソーラーの仕事など共に仕事をしてきましたね。
3年間位は電話でのやり取りだけだったよね。
週に1回は電話を掛け合い、仕事のこと、プライベートのこと、何でも話せる仲になってたよね。

初めてお互いに顔を合わせたのは H26年12月29日、芳昭の歓迎会を兼ねた「前夜祭」でした。

お互いに「想像していた通りの人だった」と言い合ったのを覚えています。

29日前夜祭、30日餅つき、31日は私の自宅で年越しそばと一日早いおせちを囲み食事をしましたね。

この時、すでに大病を患って大手術を終えたあとだったよね。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、また会うことを誓い力強く握手を交わして別れたことを今でもはっきりと覚えています。
会ってから更にお互いの絆が強く深まり、3日に1度の電話でのやり取りが始まりましたね。
お互いに掛けると普通に1h~2hは話してたよね。今 振り返ってみると、男同士なのによく話してたなぁーと思うよ。

2回目に会ったのは、1年後のH27年12月29日「前夜祭」でした。
芳昭は舞台に上がり、『サザン』を歌って踊り、自分は芳昭との時間がずっと続く様にと『My Way』を歌ったよね。

翌日の餅つきでは、芳昭に勇気と力を捧げようと 龍神太鼓を披露しました。

太鼓の演奏を見て、芳昭は静かに自分の横に座り、手を握りしめ「本当にありがとう、ありがとう。必ず来年もまた来ます」と言い、
涙を流していたのを今でも忘れられません。

短かったけれど、本当に楽しく、深く濃ゆい時間を過ごしましたね。

闘病生活5年間で5回の手術、抗がん剤治療、苦しみ、痛み、辛さに耐えて4年半現場に立ち続け、本当に寝込んだのは
わずか、半年。 男として 『見事』という言葉しか見つかりません。

常々、自分に「散るときは、現場で散りたい」と語っていましたね。
その言葉を肝に銘じて自分もしっかりと生きて行きたいと思います。

本当に 『強い男』 でした。

H28年3月に岩手で療養、6月に緊急入院、7月に名古屋へ戻って来ましたね。

岩手での療養からは毎日電話で話し、日に2~3回やり取りしてたよね。
名古屋の病院に移ってからも毎日電話をしては、声の調子を聞いてました。

8月6日 愛知がんセンターにお見舞いに行き、院内の喫茶店でサンドイッチとコーヒーを注文し
妹の孝子さんと妻と4人で4時間 、楽しい時間を過ごしましたね。
後から孝子さんに、店員が不機嫌だったと聞き大笑いしました。

9月24日 誕生日&還暦のサプライズ孝子さんと甥のなおさんと計画を進め、見事に成功したのを昨日のように思い出します。
赤いちゃんちゃんこと、帽子に身を包んだ 芳昭を食事に連れ出し楽しい時間を過ごしたね。
「今日ぐらいは良いでしょう」と にっこり笑い おいしそうに生ビールを飲んでいた姿が忘れられません。

10月16日 福岡と千葉から駆けつけ病院の休憩室を貸し切り食事会をしましたね。
病室で金さんが芳昭の手を握り、お祈りを捧げました。素直に金さんの言う通りお祈りの言葉を言っている姿を見て
本当にこのまま長く一緒にいられる様にと祈ってました。

「僕が先に逝って待ってますから、社長はやるだけの事をやって来てくださいよ。ゆっくりで良いですからね」
「上で待ってますからね」
「上で再会したら一緒に事業をしましょうね。2人で大暴れしましょうね。」

芳昭と誓った 男同士の思いをまっとうして行こうと思ってるよ。
芳昭の言葉を励みにし今日から強く生きていきます。
上での再会を楽しみにしています。

『人は2度死を迎えます』 『1度目は呼吸が停止しこの世から肉体が無くなった時。』
『2度目は周りの人たちが亡くなった人の事を語らなくなり忘れ去られた時。』

芳昭には2度目の死は来ない!なぜなら、芳昭の魂は私たちの心の中で生き続け、輝き続けるから。
少なくとも、私が生きている限り芳昭には2度目の死は訪れない。

昨年の餅つきの日に、泰承工建 中村社長に「もしも自分に何かあった時は、社長と雄覇を頼む。社長を支えてくれ」
と、お願いしてくれていたそうですね。

これからも、私と共に歩み見守って下さいね。
私は胸を張って上で再会できるように、精一杯頑張るよ。

だから、さよならは言わない。
また、会う日まで・・・再会を楽しみにしてます・・・

先頭へ戻る>>

TOP Message from The President
会社概要 ・企業情報 ・代表あいさつ ・役員紹介
サービス ・LIXIL
溶接訓練施設 ・採用情報 ・就職相談
Copyright(C) YUUHA Co.,Ltd All right reserved.